このサイトはアダルトな内容を掲載しています。18歳未満の方の閲覧はお断りしています。

女力を磨きたい。でも、私にできることは何?

しらゆりは、コンプレックスだらけです。

容姿だけでなく、性格も。

きっと、自分のダメな部分にばかり目がいって、素敵な部分をちゃんと見つめていないから。

 

そんな自分を変えたくて、私は、NLP(神経言語プログラミング)という、実践心理学を学びに行ったことがあります。

その時に、「相手を褒める」というワークがありました。

自分で自分を褒めるって、結構難しいですよね。

「私なんて・・・」と卑下しちゃったりして。

 

なので、ワークでは、他人に良いところを上げてもらいました。

その時に、私にかけてくれた褒め言葉が、「真面目、上品、しっかりしている、考えてしゃべる、落ち着きがある、家庭的、手先が器用」こんな言葉でした。

 

  • 真面目というのは、当たり。でも、真面目って褒め言葉?
  • 上品というのは、「ウソ~、本当なのかな~?」と疑っています
  • しっかりしているは、そう見せているだけ。かなり頼りないですよ
  • 考えてしゃべるは、言葉って怖いから、選んでいるだけです
  • 落ち着きがあるは、これも、そう見せているだけ
  • 家庭的は、違います!片付けや掃除が苦手
  • 手先が器用は、レース編みが好きなので、そう感じるのかも・・・

 

私は、自分を褒められない人です。

でもね、それだと生き難い・・・。

なので、ちょっとずつ、自分を褒める工夫をしましたよ。

 

ただ、こういうのって、自分ひとりでは難しいです。

今は、「そんなことをやったな~」という感じになっていますよ。

誰か、私を褒めてくれないかな~?

 

 

さて、今日のタイトル「女力を磨きたい。でも、私にできることは何?」です。

私ね、女力って、内面の輝きも必要だと思っています。

お肌の手入れをしたり、運動をして体型を整えたりするのも大事だけれど、心のありようっていうのかな?そういうのが魅力を左右するんじゃないかって思うのです。

 

いじわるな人は、いじわるそうな顔をしているでしょ。

優しい人は、穏やかな顔をしているし・・・。

 

私は、穏やかで優しげな人でありたいなと思っています。

そうそう、時々「優しい目をしているね」と言われます。

なので、これは素直に受け止めていますよ。

 

私の理想、「穏やかで優しげな」というのを軸にして、私が私自身を受け止め、褒める工夫をしてみようかな。

自分を卑下してばかりだと、穏やかで優しげな人から遠ざかっていきそうだものね。

 

 

私にできる「女力を磨くため」のリスト

  • お肌の手入れをしたり、軽くていいから運動を生活に取り入れること
  • 穏やかで優しい表情ができるように、自分を褒める習慣をつけること
  • 笑おう!

とりあえず、こんな感じ♪

さあ、張り切っていこう~!

 

気分を盛り上げたところで、今日は失礼しますね。

しらゆりでした。